スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
ビートライブ1
2011 / 10 / 15 ( Sat )
こんばんわ。しろぬこです。
ビートライブカップから1週間がたちました。

今回、名門江古田で出場したビートライブカップ。
結果として、優勝することができました。

また、
大会のMVPというすばらしい賞をいただくことができました。
これだけの伝統ある大会で優勝できたこと、
MVPという賞をいただけたこと、本当に光栄に思っています。

今日は一つの振り返りとしてこれまでの事をまとめてみようとおもいます。
たいしたことは書かないので興味無い方は読み飛ばしてください。

自分がバーチャファイターというゲームに出会ったのは4FTの末期です。
ちょうどゲーセンに人もいなくなり、皆が5のリリースを待ちわびていたころのように思います。

自分は四国の香川県というところで生まれ育ちました。
まぁいわゆる田舎で、高校時代は特にすることもなくゲーセンに入り浸ってました。
でもバーチャファイターはいつもデモが流れていて、「なんだこのゲーム」くらいにしか思っていませんでした。
(今思えばスカイキングって素晴らしいゲームセンターがあったはずなのに、本当にもったいない)

そして時は流れて大学進学のため、東京に上京し、兄との同居が始まりました。
そこで兄が触っていたのがバーチャファイターでした。

その兄に勧められ、始めたバーチャファイター。
最初は何が面白いのかまったくわかりませんでした。
技は地味だし、必殺技はないし、コマンドは簡単。
正直こんなもん、そこまで気合いいれてするほどのもんか?と感じたのを覚えています。

まぁ、あまりに兄が勧めてくるもので、始めてみました。
もちろん対戦相手は兄(レイフェイ)。こっちはジャッキー。


まったく勝てずに毎日、30連敗位したのを覚えています。(100円1クレ)
禿の敗式PP+Kを有利と教えてもらえず3か月ほどハメられ続けていました。
兄に「構えてバン、バンってやつの後、手出したら負けるんだけど」って聞くと、
兄の回答は「最速で動けてないんじゃん?」がデフォ。

元々半端じゃない負けず嫌いのため、
そこからバーチャにのめりこむ日々が始まりました。

フレームを覚えるために、
フレーム本にラインマーカーを引いて、
Gして+14の技のところには「肘を返す」
Gして+17の技のところには、「膝を返す」
と書きこんでました。(全キャラやった)

学校から帰ると即効でその本を持ってゲーセン行って、
どの技が膝確定か、とかを確かめていました。

今思えばこれだけ勉強してればもっといい大学とか行けたかもしれません。


ちょうどその途中で5がリリースされました。
アルカディアだけは兄が買っていたので、それを読んでいる中で「エル・ブレイズ」と出会いました。

正直まったくルチャに興味はありませんでした。
背が小さいという点にシンパシーを感じて、このキャラに決めました。
ほんとそれだけです。



そこから兄弟でのバーチャ人生が始まりました。


スポンサーサイト
00:49:33 | 雑談 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑

<<ビーオライブ2 | ホーム | ロケテ3>>

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://shironukoblaze.blog57.fc2.com/tb.php/27-7f3551a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

≪その他≫「名門江古田」優勝の軌跡
■「ビートライブ1」(ぬこブログ。) ※12まで続く 10月9日のビートライブカップで優勝した「名門江古田」のメンバー、 しろぬこ(EL)さんによる大会の総括。 「VF4FT」末期からバーチャを始めた若者... VF5FSレタスメモ【2011/10/15 13:19】

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。